トラウマ必至!!『ミスミソウ』短評

更新日:

【村松健太郎】

ミスミソウアイキャッチ

©︎2017『ミスミソウ』製作委員会

オフィシャルサイト
人気漫画家の押切蓮介の代表作でトラウマ必至と評された「ミスミソウ」が映像化。

押切作品初の映像化に挑んだのが「先生を流産させる会」「パズル」「ライチ☆光クラブ」と大胆なテーマを描き続ける内藤瑛亮。これまでも見せてきた遠慮のない残酷描写は健在で映画は当然のR-15。

主演は今後も話題作が控える山田杏奈、そして「ちはやふる」ドラマ「anone」で注目を浴びた清水尋也。他大谷凛香以下、今後活躍が期待される若手キャストが結集している。

スポンサーリンク

ストーリー

雪に覆われた過疎の町。東京から大津馬中学校に転校してきた野咲春花(山田杏奈)は“部外者”として扱われ、日々壮絶なイジメを受けることに。

春花の唯一の味方である同じく転校してきたクラスメイトの相場晄(清水尋也)を心の支えに、必死に耐える春花だったが、クラスの女王的存在・小黒妙子(大谷凛香)と取り巻きのイジメグループによる嫌がらせはエスカレートの度合いを増していく。

いよいよ登校拒否状態になった春花。抗議に行った両親似た央する担当教員南京子(森田亜紀)は問題を起こしたくない一心でまじめ対応しようとしない。

そんなある日、激しく燃え上がる炎が春花の家を覆い尽くす。相場の必死の救出作業で春花の妹・祥子(玉寄世奈)は大火傷を負いながらも辛うじて助かるが、両親は命を落としてしまう。思いもよらない悲劇に遭遇した春花の心が次第に崩壊していくなか、事件の真相が露見することを恐れたイジメっ子たちは春花に自殺するよう強要。だが、それをきっかけに春花は事件の真相を知り、家族を奪った彼らに己の命を懸けた凄惨な復讐を決意する……。

その復讐劇は春花の祖父や相葉・相場の家族、学校や地域を巻き込んで大きな影を落としていくことになる。

原作に正面からぶつかった映画化

原作はホラー漫画家の押切蓮介作品の出中でも“精神破壊(メンチサイドホラー)と称させれ、ネット上ではトラウマ必至と言われた作品。

これを中途半端な形で映像化したとなれば、原作ファンからも映画の紹介文などから入ってきた観客も満足させられないだろう。

そこで起用されたのがそのショッキングな題名もあって公開されるや大きな物議を醸した「先生を流産させる会」の内藤瑛亮監督。本人が代表作と呼べる作品に仕上がったという一切の妥協のない真っ白な雪原に血しぶきが飛び散る復讐劇を是非劇場でご堪能いただきたい。

また本作と同じ内藤監督田坂プロデューサーのコンビの新作「許された子どもたち」制作・公開予定とのことこちらも期待したい。

ガンダムバナー

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
Kentaro-Muramatsu

kentaro-muramatsu

村松健太郎 脳梗塞と付き合いも10年以上となった映画文筆家。横浜出身。02年ニューシネマワークショップ(NCW)にて映画ビジネスを学び、同年よりチネチッタ㈱に入社し翌春より06年まで番組編成部門のアシスタント。07年から11年までにTOHOシネマズ㈱に勤務。沖縄国際映画祭、東京国際映画祭、PFFぴあフィルムフェスティバル、日本アカデミー賞の民間参加枠で審査員・選考員として参加。現在NCW配給部にて同制作部作品の配給・宣伝、に携わる一方で、個人でも各種記事の執筆、トークショーなどの活動も、。

-感想・レビュー, 映画, 記事

Copyright© MovieGizmo-ムービー・ギズモ , 2019 All Rights Reserved.