2018.11.02公開『スマホを落としただけなのに』短評【ネタバレあり】

投稿日:

評価【村松健太郎】

©︎「スマホを落としただけなのに」製作委員会

“このミステリーがすごい!”を主催する宝島社が隠し玉として発表した志駕晃のデビュー作『スマホを落としだけなのに』をハリウッドでも活躍した『リング』シリーズ・『モンスターズ』などホラー、サスペンスの達人中田秀夫監督が映画化。

脚本も『デスノート』シリーズ・『去年の冬、きみと別れ』を担当した大石哲也という三素ペンス映画を現在作るにおいて安定感の布陣で挑む。

主演は映画が続く北川景子、『オッサンズラブ』で話題になった田中圭、千葉雄大、原田泰造、高橋メアリージュン、要潤、バカリズム、成田凌などなど豪華なメンバーが揃ったオールスターサスペンススリラーとなっています。

スポンサーリンク

ストーリー&ネタバレ

商社マンの富田は恋人の麻美にプロポーズをしようかとあれこれタクシーの中で思案中。

ところがタクシーが渋滞に巻き込まれてしまい慌てて電車の駅に走ることに。

大事なプレゼンも控えていたこともあって、富田はうっかりスマホをタクシーに忘れてしまう。

そんな事情を知った麻美は富田のスマホに電話をすることに。

すると電話の拾った主が応対して横浜のカフェに預けておくという話に。

無事スマホを受け取った麻美は富田と合流、そして富田はプラネタリウムでプロポーズをする。

プロポーズには喜んでいるものの実家との折り合いの悪い麻美は最後の一歩を踏み出せないでいました。

そんな麻美を見て同僚の加奈子は自分をもっと開いてみた方がいいと言って、休眠状態のSNSを再開するように言います。

何かに背中を押してほしいという気持ちもあってか麻美はSNSを再開。すると早速多くの“いいね”や“ともだち申請”がやってくる。

すると今はIT系列の仕事をしている知り合いや、大学時代の先輩で商社マンの武井などとつながり始めます。

一方、丹沢の山奥で女性の死体が発見される、女性の髪の毛の一部が極端に切り取られていて、下腹部には鋭い刃物で何度も刺された跡が。

警視庁の毒島と若手刑事の加賀谷は殺害する行為への犯人の執着を感じ、周囲の捜索を進めるとさらに複数の遺体が発見されました。

どの被害者も挑発の黒髪が特徴でその一部が短く切られているという特徴がありました。

スマホを落としてからネットショッピングのトラブルや、奇妙なメールに悩まされることが起き始めます。

同じように麻美の周りで奇妙なことが起き始め、富田の同僚の小柳から執拗にメッセージが届いたりし始め・・・。

スマホという新しい映画の小道具

全編PC画面で進む『サーチ』に続いて、今作も公開され、改めてスマートフォンが人間の生活の一部になっていることを実感できる映画です。

少なくとも本作を見終わった後はスマホをお忘れなく。

ガンダムバナー

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
Kentaro-Muramatsu

kentaro-muramatsu

村松健太郎 脳梗塞と付き合いも10年以上となった映画文筆家。横浜出身。02年ニューシネマワークショップ(NCW)にて映画ビジネスを学び、同年よりチネチッタ㈱に入社し翌春より06年まで番組編成部門のアシスタント。07年から11年までにTOHOシネマズ㈱に勤務。沖縄国際映画祭、東京国際映画祭、PFFぴあフィルムフェスティバル、日本アカデミー賞の民間参加枠で審査員・選考員として参加。現在NCW配給部にて同制作部作品の配給・宣伝、に携わる一方で、個人でも各種記事の執筆、トークショーなどの活動も、。

-感想・レビュー
-,

Copyright© MovieGizmo-ムービー・ギズモ , 2019 All Rights Reserved.