2018年3月30日公開『ウィンストン・チャーチル ヒトラーから世界を救った男』短評

更新日:

【村松健太郎】

チャーチル

©︎2017 Focus Features LLC. All Rights Reserved.


オフィシャルサイト

スポンサーリンク

概要

第二次世界大戦の転機となった仏領ダンケルクから英・仏兵の大脱出作戦の“ダイナモ作戦”の発動を決断した時のイギリス首相ウィンストン・チャーチルの姿を描く歴史大作。

ヨーロッパ、ひいては世界のパワーバランスを大きく覆すことになった“その時”にイギリス政界一の嫌われ者だった老政治家になにがあったのか?

ウィンストン・チャーチルを演じた主演のゲイリー・オールドマンは今年の第90回アカデミー賞最優秀主演男優賞を受賞した。また、一日に4時間以上のメイクをゲイリー・オールドマンに施し続けた日本人メイクアップアーティスト辻一弘が日本人として初のメイクアップ&ヘアメイク部門でアカデミー賞を受賞した。

まさに二人三脚で獲得した主演男優賞で、ゲイリー・オールドマン受賞スピーチで真っ先に辻の名前を挙げた。

あらすじ

第二次世界大戦初期、ナチスドイツの勢力が拡大し、フランスは陥落間近、英国にも侵略の脅威が迫っていた。

英・仏連合軍がフランス領ダンケルクの海岸で窮地に追い込まれる中、ヨーロッパの運命は新たに就任したばかりの英国首相ウィンストン・チャーチルの手に。ヒトラーとの和平交渉か、徹底抗戦かー。チャーチルは究極の選択を迫られる。

議会の嫌われものだったチャーチルは、いかに世界の歴史を変えたのか。

第二次世界大戦の転換点となるチャーチルの首相就任からの4週間を描く。

彼の決断はイギリス国民を納得させ、世界を救うことができるのか?

コインの裏表?

今年の第90回アカデミー賞では面白ことが起きた。というのもこの「ウィンストン・チャーチルヒトラーから世界を救った男」とクリストファー・ノーラン監督の「ダンケルク」がとも多くの部門でノミネートを受けた。

この二作品、ナチスドイツによってフランス領ダンケルクに追い詰められた英・仏連合軍の兵士を脱出させた“ダイナモ作戦”の発動を指示した人間の側と、救出される兵士の側をそれぞれ描いている。同じ時期にこの二本横に並ぶというのはどういう面白い偶然だ。

ちなみに「ウィンストン・チャーチルヒトラーから世界を救った男」にも登場する英国王ジョージ六世はアカデミー賞作品「英国王のスピーチ」の主人公でもある。


ガンダムバナー

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
Kentaro-Muramatsu

kentaro-muramatsu

村松健太郎 脳梗塞と付き合いも10年以上となった映画文筆家。横浜出身。02年ニューシネマワークショップ(NCW)にて映画ビジネスを学び、同年よりチネチッタ㈱に入社し翌春より06年まで番組編成部門のアシスタント。07年から11年までにTOHOシネマズ㈱に勤務。沖縄国際映画祭、東京国際映画祭、PFFぴあフィルムフェスティバル、日本アカデミー賞の民間参加枠で審査員・選考員として参加。現在NCW配給部にて同制作部作品の配給・宣伝、に携わる一方で、個人でも各種記事の執筆、トークショーなどの活動も、。

-感想・レビュー, 映画, 記事

Copyright© MovieGizmo-ムービー・ギズモ , 2019 All Rights Reserved.