『ブレードランナー2049』へと続く短編3本

更新日:

ブレードランナー2049アイキャッチ

© 2017 Sony Pictures Digital Productions Inc. All rights reserved.『ブレードランナー2049』公式サイトより

ブレードランナー2049アイキャッチ

© 2017 Sony Pictures Digital Productions Inc. All rights reserved.『ブレードランナー2049』公式サイトより

 

現在絶賛公開中の『ブレードランナー2049』。前作『ブレードランナー』と今作の間を埋めるショートムービーが公開されております。今作と前作の間に一体何があったのか?まだ、ご覧になっていない方は是非ご覧ください。

スポンサーリンク

ブレードランナー ブラックアウト 2022

前作『ブレードランナー』の3年後である2022年に起きたブラックアウトを描く。監督は、「マクロスプラス」、「カウボーイ・ビバップ」、「サムライ・チャンプルー」の渡辺信一郎監督。

今なら2週間無料!!Huluなら月額933円(税抜)で映画、国内外のドラマが見放題!←こちらをクリック

2036:ネクサスドーン

続く『2036:ネクサスドーン』は、オリジナルの監督である、リドリー・スコット監督の息子、ルーク・スコットが監督を務めており、『ブレードランナー2049』にも登場しているジャレッド・レトが演じるウォレスが登場。2022年のブラックアウトをきっかけにレプリカントは製造禁止、後を引き継いだウォレスが新たなレプリカントを創り出す。

2048:ノーウェア・トゥ・ラン

『2036:ネクサスドーン』と同じく、こちらもルーク・スコットが監督を務める。主演は、2049の予告編にも登場していたデビッド・バウティスタ演じるレプリカントが登場。

どれも高クオリティで視聴必須の3本になっております。

ガンダムバナー

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
Moviegizmo

合同会社ギズモワークス

お問い合わせは、下記SNSまたは合同会社ギズモワークスホームページまで。

-コラム
-

Copyright© MovieGizmo-ムービー・ギズモ , 2019 All Rights Reserved.