「カノジョは嘘を愛しすぎてる」(2013)レビュー

更新日:

評価[usr 4.5]【山本昴】

Free-Photos / Pixabay

 

スポンサーリンク

あらすじ

歌うことが大好きで友人らともバンドを組んでいた女子高生の小枝理子(大原櫻子)はある日、自分の大好きなバンドCRUDE PLAYのメンバーの一人、小笠原秋(佐藤健)と出会う。秋は自分の正体を明かさないまま、気まぐれに一目ぼれしたと理子に嘘をつくが、一方の理子は本気で彼に入れこんでしまい、憧れのバンドメンバーの一人とも気づかずに二人の交際が始まる。交際中に度々戸惑わされることがある中、時宜を同じくして音楽プロデューサーの高樹(反町隆史)に声をかけられ、何と自らのバンドが「MUSH&Co.」という名で華々しくデビュー、理子に関してはCRUDE PLAYのベーシスト、心也(窪田正孝)による直接プロデュースがされることまで決まってしまう。そんな中、秋自身も自分の中での理子に対する感情の変化に気づき始めるが…。秋と理子の仲をまるで裂くかのように起こる様々な出来事やスキャンダルをきっかけに広がっていく二人の溝。果たして物語の行きつく先は。

キャスト

・小枝理子…大原櫻子

・小笠原秋…佐藤健

・坂口瞬…三浦翔平

・篠原心也…窪田正孝

みどころ

今作のみどころは非常にたくさんあってなかなか絞りにくいですが、何よりも佐藤健さんの格好良さと大原櫻子さんの魅力的な歌声にあるかと思います。佐藤健さんといえば以前「BECK」という別のバンド映画にも出演されていましたが、「カノ嘘」の中の彼はその時とはまた違う雰囲気です。BECKの時にはどちらかというと少し気弱な儚い少年という印象があったのですが、今作の中ではかなり男の人であることを意識させられます。もちろん舞台設定にも依るかと思いますが、ここまで原作のイメージに沿った役作りができるのはやはりすごいことだなと、純粋に思わされました。

大原さんも非常に役にハマっていたように思いましたし、何よりも「実際に歌って、人に聞かせることができる」ことが、漫画からは得られない臨場感を持たせていたのが非常に良かったと思います。個人的には大原さんの歌声や歌う姿勢は原作通りだったと思うのですが、皆さんはどう思われたでしょうか?

いかがでしたか?

今回は「カノジョは嘘を愛しすぎてる」の映画レビューをさせていただきました。

昨今の邦画の中でよく見られるバンドブームですが、その中でも恋愛とのコラボは多くの女子を魅了したことと思います。

個人的には主役の佐藤健さんがベーシストとして活躍してくれた面があったことも魅力的でした。というのもバンドの中ではなぜかいつもベーシストはボーカルやギターの前ではかすみがちですから…。私情はさておき、とにもかくにも原作の面白さが更にリアルに、生き生きと引き立てられている作品です。

皆さんも是非ご鑑賞ください。
[amazonjs asin="B00HTTUQ5E" locale="JP" tmpl="Small" title="カノジョは嘘を愛しすぎてる Blu-rayプレミアム・エディション本編BD1枚+特典BD1枚+特典DVD2枚"]

ガンダムバナー

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
Yamamoto-Subaru

山本昴

やまもとです。大学生です。基本プラス志向なので悪いことは言いません。 自分を表す一言は「経験のコレクター」です。

-感想・レビュー, 映画, 記事

Copyright© MovieGizmo-ムービー・ギズモ , 2019 All Rights Reserved.