オリジナルソックリの松坂桃李の怪演は一見の価値あり。 - 『不能犯』レビュー

更新日:

評価【村松健太郎】

不能犯-eyecatch

(C)宮月新・神崎裕也/集英社 2018「不能犯」製作委員会


dTVオリジナルドラマ『不能犯』

劇場版『不能犯』オフィシャルサイト

宮月新と神崎裕也原作の人気コミックを「貞子VS伽椰子」の白石晃士監督が映画化。近年役どころの幅を広げている松坂桃李が人の心操り証明不能犯罪を起こし続ける“不能犯”の男宇相吹正を演じる。そんな不能犯を追う刑事婚媚に沢尻エリカと新田真剣佑、その上司に矢田亜希子。また不能犯宇相吹の犯罪に絡んでくる人々に忍成修吾、小林稔侍、真野恵里菜、蘆名星、安田顕など豪華キャストが終結した。

また並行してドラマ版のネット配信も行われるのも注目。

 

スポンサーリンク

ストーリー

女性刑事多田(沢尻エリカ)と新米刑事の(新田真剣佑)は不可思議な犯罪を追うことになる。それは黒ずくめの男宇相吹正(松坂桃李)によるものであることは分かったが、どれも証明不能の犯罪“不能犯”で事件とすることも難しい事柄だった。

宇相吹はマインドコントロールを仕掛け、ターゲットとなる人物に暗示をかけ殺して回っていた。彼の存在は半ば都市伝説化したもので都内のどこかにある電話ボックスにターゲットとその理由を記すと殺人を代行してくれるというものだった。さらにその動機が不純だった場合、依頼者にも恐ろしい目に合う。

事件を追っていく中で人間の持つ様々な二面性に直面する多田刑事。不能犯宇相吹を止めることはできるのか?

まとめ 今更ながらにここへ来て松坂桃李が面白い。

「ユリゴコロ」や「キセキ」ではパブリックイメージのイケメン俳優枠をこなしている一方で陰謀を張り巡らす「図書館戦争last mission」。

「彼女がその名を知らない鳥たち」ではどうしようもないクズ男を演じてた。以前には「劇場版MOZU」では狂気の殺人マシーンも演じていた。これからも女性に買われる男を演じる「娼年」ヤクザと交じり合いながらも摘発を進める刑事を演じる「狐狼の血」も待機中。

本作での不能犯も徹底的に醒め切った目で人間を見続けるダークヒーローを演じている。

ここへきてイケメン枠俳優モードから若手個性派ポジションに立ち位置を一気に変えつつある。思えば宮藤官九郎脚本の「ゆとりですがなにか」に出演したのもこのころだ。

こう言った奇抜な役処を演じると一歩間違えると薄く中身がないように見えてしまい俳優としては致命傷になりかねない。そんな中で松坂桃李はどれも及第点以上の出来栄えで見事に自分のものにして、自身の役処のふり幅を大きく広げている。2009年に「侍戦隊シンケンジャー」で本格デビューして実はまだ俳優業として10年も経っていないのが不思議なくらいの存在感のある俳優となっているが、その10年目を前にして大きくハンドルを左右に切ってきた松坂桃李に目が離せない。

ガンダムバナー

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
Kentaro-Muramatsu

kentaro-muramatsu

村松健太郎 脳梗塞と付き合いも10年以上となった映画文筆家。横浜出身。02年ニューシネマワークショップ(NCW)にて映画ビジネスを学び、同年よりチネチッタ㈱に入社し翌春より06年まで番組編成部門のアシスタント。07年から11年までにTOHOシネマズ㈱に勤務。沖縄国際映画祭、東京国際映画祭、PFFぴあフィルムフェスティバル、日本アカデミー賞の民間参加枠で審査員・選考員として参加。現在NCW配給部にて同制作部作品の配給・宣伝、に携わる一方で、個人でも各種記事の執筆、トークショーなどの活動も、。

-感想・レビュー

Copyright© MovieGizmo-ムービー・ギズモ , 2019 All Rights Reserved.