不思議の”トーキョー” ー「Tokyo!」(2008)

更新日:

【アジムラユイ】

movie-eyecatch

geralt / Pixabay

作品詳細ページ
no image
Tokyo!(2008)

スポンサーリンク レビュー 広告 TOKYO! [DVD] posted with カエレバ 蒼井優 VAP,INC(VAP)(D) 2009-03-25 Amazon 楽天市場 Yahooショッピン ...

続きを見る

原題=Tokyo! 上映時間=110分 製作=2008年 フランス・日本・ドイツ・韓国

スポンサーリンク

スタッフ

監督

ミシェル・ゴンドリー
レオス・カラックス
ポン・ジュノ

脚本

ミシェル・ゴンドリー
ガブリエル・ベル
レオス・カラックス
ポン・ジュノ

その他スタッフ

製作=定井勇二、根岸洋之、堀越謙三
撮影=猪本雅三、キャロリーヌ・シャンプティエ、福本淳
音楽=エティエンヌ・シャリー、イ・ビョンウ

キャスト

今なら2週間無料!!Huluなら月額933円(税抜)で映画、国内外のドラマが見放題!←こちらをクリック

インテリア・デザイン

ヒロコ / 藤谷文子
アキラ / 加瀬亮
アケミ / 伊藤歩
ヒロシ / 大森南朋
タケシ / 妻夫木聡

メルド

メルド / ドゥニ・ラヴァン
ヴォランド弁護士 / ジャン・フランソワ・バルメール
検事 / 石橋蓮司
広岸次席検事 / 北見敏之

シェイキング東京

男 / 香川照之
少女 / 蒼井優
店長 / 竹中直人

あらすじ・感想

なんでもあるけど、騒々しくて何かが足りない。
私が最初に感じた東京の印象はこんな感じでした。
そんな東京を舞台に3人の外国人監督がそれぞれの目線で人間模様を描いたオムニバス映画「TOKYO!」(2008)をご紹介したい。
この映画は、フランス・ドイツ・韓国・日本による合作映画で、それぞれ監督を担当するのは、まず「エターナルサンシャイン」や「恋愛睡眠のすすめ」などユーモア溢れる作風のフランス人ミッシェル・ゴンドリー監督。「ボーイミーツガール」や最近では「ホーリーモーターズ」などの作品で独特な世界観をみせる同じくフランス人のレオス・カラックス監督。そして「母なる証明」など独特な視点で社会をみつめる韓国人のポン・ジュノ監督。そしてなんとも特徴的な監督3人による映画の中で香川照之や加瀬亮、蒼井優などの日本人俳優が参加をしている。監督や役者からわかるように何とも独特で豪華なメンツが集まった映画であり、第61回カンヌ国際映画祭では「ある視点」部門にも出品されたようにその内容も独特なものになっている。
この映画は先にも述べたように3話に分かれたオムニバス構成になっており、それぞれのストーリーでそれぞれの監督の目線によって”トーキョー”を舞台に物語が展開していく。ミッシェル・ゴンドリー監督「インテリア・デザイン」では映画監督を目指す彼氏とその彼女が東京の友人を頼って上京し、次第に3者を取り巻く関係が複雑になっていく様を描いており、結末は何と切なく、しかしどこかホッと救われるような気持ちにさせてくれる。”自分”とは?と悩む主人公を監督らしいユーモアでほっこりとしかしどこか奇妙に描いている。レオス・カラックス監督「メルド」には、レオスファンならお馴染みのドュニ・ラヴァンが主人公メルド役で登場する。”ゴジラ”のテーマ曲と共に銀座を闊歩するメルドから始まりトントン進んでいく不条理なストーリーの中に私たち日本人の矛盾や人類に普遍的なテーマを見出すことができる。ちょっと哲学的な、なんともレオス・カラックスらしい作品に仕上がっている。ポン・ジュノ監督「シェイキング東京」では引きこもりの男性とある日の出来事をきっかけに、そしてみんなが引きこもりになってしまった東京の姿を描く。監督らしい社会風刺ぽい要素が垣間見える一作になっている。また製作当初には思いも寄らなかっただろうが、今見るとなんだか2011年の3・11を思い起こさせる要素もあるのがなんとも不思議なストーリーである。
むさ苦しいほどの巨大なビル郡に、どこからともなくやってきては去っていく大量の人、ギラギラ光るお店は山ほどある。そんな大きいけれど、小さい”トーキョー”を外国人監督たちの目線で再構築した今作は、少なからず1回は東京を体感したことのある私たち日本人でも、あー納得!なんて思うシーンやハッと何かに気づかされるシーンなんかがあったりして、とても興味深い映画に仕上がっています。是非ご覧ください。

ガンダムバナー

-感想・レビュー
-

Copyright© MovieGizmo-ムービー・ギズモ , 2019 All Rights Reserved.