ダメ人間が主人公のオススメ映画3本

更新日:

movie eyecatch

annca / Pixabay

毎日みなさんお疲れ様です。会社でも家でもダメダメと言われて、もうやる気も出ないよ。なんて人にオススメのダメ人間たちをご紹介します。

movie eyecatch

annca / Pixabay

スポンサーリンク

●「嫌われ松子の一生」(2006)

キラキラと鮮やかな世界観でどうしようもない主人公・松子の生涯を描いた作品。監督は「下妻物語」で有名な中島哲也。CM制作に携わっていた監督ならではのテンポの良さとポップなセンスで次から次へと不幸へ向かっていく松子の人生を最後まで明るく見せてくれる。決して貧乏ではない家庭に生まれるも子供の頃からどこか心から幸せを感じることができない。大人になってからも不器用な松子は運命に流されるまま不幸に振り回されるのである。見ていてその鈍臭さにもどかしさを感じるも、何に対しても必死な松子に笑い、そして涙してしまうこと間違いないです。
宅配レンタルと動画配信ならツタヤ!30日間無料お試しキャンペーン実施中←『嫌われ松子の一生』を見たい方はこちらをクリック

●「苦役列車」(2012)

主人公は19歳の北町貫多という青年。父親の性犯罪により家族を失い、中卒で日雇い派遣の仕事を続けていた。そんなある日たまたま現場仕事で同い年の専門学生と出会い、ひとときの青春を過ごすことになるのである。何と言っても貫多の不器用さからくる下品な発言や行動が何んともいえない。あーなんで!なんてついつい思ってしまう場面も多々。どんどんこじれていく人間関係にいたたまれない気持ちになってしまうけど、それでも最後まで哀愁と頑固な貫多がちょっとかっこよく見えてしまうかもしれません。貫多役・森山未來の演技がぴったり役にはまっています◎
Huluオススメ←『苦役列車』を見たい方はこちらをクリック

●「マインドゲーム」(2004)

湯浅政明監督のアニメ作品。摩訶不思議な世界観が癖になる作品です。主人公は西というさえない青年。前半はとくに西のしょーもない妄想や煮え切らない態度にちょっとイライラ。ダメ人間さが滲み出てます。そんなある日幼なじみと偶然にも再会し、ひょんなことから西は1度死んでしまいます。生きたい!と強く願ったおかげで生き返り、とんでもない珍騒動を繰り広げていくことになる。一貫してなんだか冴えない西ですが生きることに執着する能力だけは天下一品。人生は、自分の意志次第で良くも悪くもなる。終盤の迫力ある画と西や登場人物たちのど根性は必見!また声優にも注目で吉本興業が参加しており、西の声はなんと今田耕司が担当をしています。
宅配レンタルと動画配信ならツタヤ!30日間無料お試しキャンペーン実施中←『マインドゲーム』を見たい方はこちらをクリック

今日もまたつまらない一日だったな、自分は何をやってるんだろう。なんて時は、映画のダメダメな主人公たちからちょっと元気をもらってみると、ちょっと明日も頑張ってみようかな?なんて気持ちになるかもしれません。是非ご覧ください。

ガンダムバナー

-オススメ映画
-

Copyright© MovieGizmo-ムービー・ギズモ , 2019 All Rights Reserved.