2018.6.29公開『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』短評

更新日:

評価【村松健太郎】

ハンソロタイトル

© Disney TM & © Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved

スポンサーリンク

作品詳細

作品ページ
ハンソロタイトル
ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー(2018)

スポンサーリンク スポンサーリンク 作品情報 原題 : Solo: A Star Wars Story 製作年 : 2018 製作国 : アメリカ 上映時間 : 135分 オフィシャルサイト 予告 あ ...

続きを見る

『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』に続くスター・ウォーズシリーズ公式スピンオフ作品第二弾。

シリーズ屈指の人気キャラクター、ハン・ソロの若き日の姿を描く。

ファンならお馴染みのチューバッカ、ランド・カルレシアン、ミレニアム・ファルコン号など多くのキーアイコンも登場。

エピソード4~7までハリソン・フォードが好演したハン・ソロを引き継いだのは若手注目株オールデン・エアエンライク。監督はオスカー監督でもある実力はロン・ハワード。

ストーリー

パイロットを夢見るハン。しかし、若き日の彼はただの町のアウトローに過ぎなかった。その後帝国軍に入るここで、一人=ソロという二つ名を得たもののパイロットの夢がはかなわない日々。そこで出会った謎の男、トビアス・ベケットという男から闇の商売に手を貸さないかと誘われる。そこで奴隷扱いされていたウーキー族チューバッカとも出会う。

高速宇宙船が必要になった一行は生粋のギャンブラーランド・カルレシアンと彼の持つ船ミレニアム・ファルコン号を賭けた勝負に打って出る。そこには昔なじみの女性キーラーの姿もあった。

やがて、銀河のその名を轟かす名パイロットの最初の大仕事とは?

このスピンオフ、ありか?なしか?

今までと違って、全米を中心に先行して公開された国が多くある中での日本上陸。興行収入の面では大苦戦していて、その作品の内容自体もありかなしか非常に意見が分かれているなかで、いよいよ日本に『ハンハ/スター・ウォーズ・ストーリー』が上陸する。

これは『ハン・ソロ』という作品が本当の意味でのスピンオフ作品であるところが大きい。

スピンオフ作品第一弾の『ローグ・ワン』はスピンオフ作品とは言いつつもエピソード4に直結する内容で“スター・ウォーズエピソード3.9”ともいうべき内容だった。

これに対して『ハン・ソロ』はシリーズを示す記号的なキャラクターは多数登場するものの、エピソードカウントされている本シリーズからはっきりとはずれた物語になっている。

この立ち位置がシリーズの中でも初めての出来事で、そのことに対しての戸惑いは作り手から受け手まで多くの人が抱えていた。

たとえて言えば『ローグ・ワン』は『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズに対する『ホビット』シリーズのような存在だったのに対して、本作『ハン・ソロ』は『踊る大捜査線』シリーズに対する『交渉人真下正義』のような立ち位置の作品となっている。『交渉人』は『踊る』の本筋にあったサラリーマン刑事の悲哀の部分をオミットして、『サブウェイパニック』に全面的なオマージュをささげたサスペンスにシフトチェンジした。直前の『踊る2』で真下正義が交渉人として研修を受けていたことと、現実問題としてシリーズに欠かすことができない和久平八郎役のいかりや長介が死去していたためにシリーズの単純な継続ができない中でのスピンオフ展開だった。

スター・ウォーズでもエピソード7でハン・ソロが息子であるカイロ・レンに殺されたという事情がある。その一方でディズニー傘下の新体制になってからはとにかくエピソード4~6のいわゆるクラシック3部作に寄せていくという戦略の中でスピンオフ作品の主役に据えることができるのはハン・ソロというキャラクターしかいなかった。

流石にルークやレイア姫そのものの物語を描いてしまうとクラシック三部作の二人の自分探しの部分を台無ししてしまいかねない。

そんな作品の作られかたを“妥協の産物”として見るか“新機軸”として見るかで意見も、受け取り方も変わってくるだろう。

ガンダムバナー

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
Kentaro-Muramatsu

kentaro-muramatsu

村松健太郎 脳梗塞と付き合いも10年以上となった映画文筆家。横浜出身。02年ニューシネマワークショップ(NCW)にて映画ビジネスを学び、同年よりチネチッタ㈱に入社し翌春より06年まで番組編成部門のアシスタント。07年から11年までにTOHOシネマズ㈱に勤務。沖縄国際映画祭、東京国際映画祭、PFFぴあフィルムフェスティバル、日本アカデミー賞の民間参加枠で審査員・選考員として参加。現在NCW配給部にて同制作部作品の配給・宣伝、に携わる一方で、個人でも各種記事の執筆、トークショーなどの活動も、。

-感想・レビュー
-, ,

Copyright© MovieGizmo-ムービー・ギズモ , 2019 All Rights Reserved.