2018.10.12公開『ルイスと不思議の時計』短評

投稿日:

評価【村松健太郎】

© 2018 Universal Studios. ALL RIGHTS RESERVED.

スティーブン・スピルバーグの制作会社アンブリンがなんと『ホステル』『デスウィッシュ』のイーライ・ロスと異色のタッグを組んだ異色のファンタジー映画。

原作はジョン・ベレアーズの同題ファンタジー小説。主演の子役にオーウェン・ヴァァカーロ。彼を迎える叔父のジョナサンにジャック・ブラック、口うるさいツィマーマン夫人にケイト・ブランシェット。また『ツインピークス』でお馴染みカイル・マクラクランの怪演も見どころ。日本語吹き替え版も豪華なキャストが揃っている。

スポンサーリンク

ストーリー

両親を事故で亡くした少年ルイスは、それまであったことのない叔父のジョナサンの家に招かれる。

その家は化け物屋敷と周りから呼ばれる怪しげな館だった。

ジョナサンと隣人のツィマーマン夫人は笑顔で出迎えてくれるものの、気が付くと家具が勝手に動いたり、ステンドグラスの絵が変わったりとおかしなことばかり。

ジョナサンはルイスに自分と夫人は魔法使いで、この家も魔法使いの家だと語ります。

家の秘密はそれだけではありませんでした、元々の持ち主は二人の知り合いアイザックという人物。彼は闇の魔法を使って作った魔法の時計を屋敷のどこかに仕掛けて死んだ男でした。

二人と屋敷の秘密を知ったルイスは自分もまた魔法使いのテクニックを学びたいと言い出します。

ルイスは魔法使いとして成長できるのか?アイザックの闇の時計の行方は?

思わぬ抜擢。

やはり監督の欄を見て違和感がある。イーライロス。『ホステル』『グリーンインフェルノ』などなど新世紀のスプラッターホラーを代表する監督。

俳優としても活躍しているものの出演作は『イングロリアス・バスターズ』だったりする。

最新監督作『デスウィッシュ』もR15のリベンジアクション。

それが一転、まさかまさかの児童ファンタジー小説を原作にした映画。

どうなることかと思ってみたら、ちゃんとファンタジー映画のフォーマットはキープしつつも至る所にいい意味での“悪趣味感”が作品に満ち満ちていて、思わぬ拾い物感にあふれた作品になっている。

ガンダムバナー

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
Kentaro-Muramatsu

kentaro-muramatsu

村松健太郎 脳梗塞と付き合いも10年以上となった映画文筆家。横浜出身。02年ニューシネマワークショップ(NCW)にて映画ビジネスを学び、同年よりチネチッタ㈱に入社し翌春より06年まで番組編成部門のアシスタント。07年から11年までにTOHOシネマズ㈱に勤務。沖縄国際映画祭、東京国際映画祭、PFFぴあフィルムフェスティバル、日本アカデミー賞の民間参加枠で審査員・選考員として参加。現在NCW配給部にて同制作部作品の配給・宣伝、に携わる一方で、個人でも各種記事の執筆、トークショーなどの活動も、。

-感想・レビュー
-

Copyright© MovieGizmo-ムービー・ギズモ , 2019 All Rights Reserved.