『検察側の罪人』短評 2018.08.24公開

投稿日:

評価【村松健太郎】

©︎TOHO/JStorm

雫井脩介の同題ベストセラーを『関ケ原』『日本のいちばん長い日』などスケールの大きな作品が続く原田眞人監督が映画化。

正義を巡ってやがてぶつかり合うことなる二人の検事に木村拓哉と二宮和也が演じる。

共演に吉高由里子、松重豊、平岳大、大倉孝二、八島智人、山崎努など豪華キャストが並んだ。原作とは違ったキャラクター設定やエンディングも見もの。

スポンサーリンク

ストーリー

沖野啓一郎たち若手検事が研修を受けている、共感役は最上毅。最上は己の正義に固執しすぎた検事は正義を汚し、悪の側の存在、犯罪者となっていくと語る。

数年後、沖野は研修と地方での実務を経て東京地検に配置される。そこには憧れていた最上もいた。

最上は沖野のことを買っていて、曲者の闇ブローカー諏訪部の取り調べを任せる。諏訪部は沖野を最上のポチとからかってまともに相手にしない。その様子を心配そうに沖野の事務官橘沙穂が見つめている。

そんな中、蒲田で老夫婦が殺害される事件が起きる。金庫も狙われていて強盗殺人事件の可能性が高い。さらに、個人的に金を貸している人間も多く被疑者の名前が挙がり始める。沖野から報告を受けた最上はそのリストの中にある男の名前があることを知る。

男の名前松倉重生。かつて、最上が学生時代を過ごした荒川の学生寮“北豊寮”のアイドル的存在だった管理人夫妻の一人娘由季を殺害された事件の重要参考人だった男だった。

当時、法曹界を目指していた最上の同期には目下東京地検からの取り調べを受ける可能性の高い政治家丹野もいた。

丹野と密会し、助言を与えていた最上は“正義の不在”を感じる。

警察側にも松倉の過去を知る人間がいて、捜査の流れも松倉の反抗という流れでき始めている。沖野もそれに追随していく。しかし橘は松倉の過去にとらわれるあまりに捜査陣が自ら流れを作っているのではと危惧する。

最上は諏訪部を使い、松倉を別件逮捕の証拠をつかみ、松倉を逮捕・交流する。検察側の人間で取り調べを担当するのは沖野。本来の逮捕の案件ではなくあくまでも老夫婦殺害の犯人として追及していく。

松倉の過去の事件をネタに揺さぶる沖野に対して、可視化・録音を切ることを前提に荒川の事件は犯人だったと自供する。

このやり取りを聞いていた最上は松倉への個人的な憎しみを募らせていく。

松倉が事項が過ぎた荒若の事件の犯行を自供したことで最上、丹野ら由季をしる同期生は事項という壁で下されなかった正義の鉄槌の存在を悔やみ続ける。

一方そのころ、事件の捜査では意外な動きが。弓岡という一度は重要参考人に名前が挙がった男が酔いの席で事件の自慢話をしていたと情報が入った。

『HERO』からダーク“HERO”へ

木村拓哉の代表作といえば型破りな検事を久利生公平を演じた『HERO』シリーズ。2シーズンの連続ドラマに、一本のスペシャルドラマ、そして映画版が二作品作られた大ヒットシリーズ。ここでは名前通り公平な正義を追求し続ける検事を演じた木村拓哉。

一方本作『検察側の罪人』では自己の正義を追及するダークヒーローともいうべき存在を演じている。(松重豊、八嶋智人、大倉孝二など『HERO』にも出演していたキャストもいる)

強い信念を持ちダークサイドに自ら落ちていった男の心には愛弟子の必死の訴えも届かずその道を突き進み続けることを宣言する。ラストの二宮和也演じる沖野の絶望的な叫びもむなしく響くだけである。


ガンダムバナー

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
Kentaro-Muramatsu

kentaro-muramatsu

村松健太郎 脳梗塞と付き合いも10年以上となった映画文筆家。横浜出身。02年ニューシネマワークショップ(NCW)にて映画ビジネスを学び、同年よりチネチッタ㈱に入社し翌春より06年まで番組編成部門のアシスタント。07年から11年までにTOHOシネマズ㈱に勤務。沖縄国際映画祭、東京国際映画祭、PFFぴあフィルムフェスティバル、日本アカデミー賞の民間参加枠で審査員・選考員として参加。現在NCW配給部にて同制作部作品の配給・宣伝、に携わる一方で、個人でも各種記事の執筆、トークショーなどの活動も、。

-感想・レビュー
-

Copyright© MovieGizmo-ムービー・ギズモ , 2019 All Rights Reserved.